おすすめ最新家電

進化する家電製品

家電製品は、日々進化しています。シーズンごとに新商品が発売され、機能もどんどん進化しています。特に、近年は、「エコ」がブームで、家電製品も消費電力の少ないものがどんどん開発されており、売れ行きも好調です。節電のために消費電力の少ない製品への買い替えも増えています。「家電製品」とひとくちに言っても、種類はさまざまです。その中でも、最近人気のあるものや、注目されているものを中心に、特徴や選び方のポイントをご紹介します。

消費電力に注目

家電選びの際に、まず注目したいのは、消費電力です。最近の家電は、以前のものに比べて、消費電力が格段に少なくなっているものがほとんどです。どうせ買うなら、消費電力が少なく、電気代もお安くなるものが良いですよね。消費電力のチェック方法はとても簡単です。まず、家電販売店での商品説明のポップや、プライスカード、またはメーカーからのカタログ等をしっかり見比べることです。「消費電力○○ワット、電気代年間○○円減」などの記載がありますので、それを比べてみるのがいちばん分かりやすいですね。商品の価格が安くても、消費電力が多いものは、電気代のことを考えると、最終的には割高になってしまう可能性もあります。特に、毎日使うものや、ずっと電源を入れっぱなしのものなどは、価格と消費電力をよく検討したほうが良いですね。価格、消費電力、そして製品自体の機能も、納得のいくものを選ぶと良いと思います。

家電を購入する前に

今使っている家電製品が、調子が悪くなってきた場合や、壊れてしまった場合は、買い替えが必要となってきますよね。でも買い替えの前に、気を付けておくべきことがいくつかあります。これを知らないと、せっかく買ったのに使えなかった、ということや、安く買ったけれど最終的には高くなってしまった、ということもあり得ます。購入前のチェックポイントをいくつかご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

最初に気をつけておきたいことその1

まず、製品の大きさです。最近の家電製品は、実は、意外にも大型化しているんです。例えば、洗濯機ですが、ドラム式洗濯機だと、従来の物よりも大きくなっているので、設置したい場所に設置可能かを注意しておく必要があります。同じく、エアコンですが、こちらも、自動でのフィルター清掃などの機能のついているものは、昔の製品よりも大きくなっていますので、こちらも注意が必要です。せっかく買ったのにいざ設置となると、大きすぎて取り付けられなかった、ということのないように、事前にしっかりと設置場所のサイズを測っておくことが重要です。

最初に気を付けておくことその2

現在の家電製品は、どんどん性能が向上し、「こんなことまでできるのか」といったような、驚きの機能も満載です。ですので、いざ、製品を購入しにお店に行っても、いろいろな機能がありすぎてその場で迷ってしまってなかなか決められない、といったことが多々あります。そこで、まず最初にしておきたいことは、「何を重視するか」を明確にしておくことです。例えば、最近人気のブルーレイレコーダー。ただ単に、安ければ何でもいいのか、それとも、録画を重視したいのか。再生だけでいいのか。録画時間は多いほうがいいのか、それともそこそこでいいのか。思いつくだけでも、いろいろと取捨選択の必要がありそうです。お店で長時間あれこれ悩むよりも、ある程度、目的の機能を決めておくと、どれを購入するかを決めやすいだけでなく、お店の方からも的確なアドバイスが得やすいのです。

その安さは本当の安さ?

家電製品を買い替えようと思ったら、まず最初にすることは、やはり、家電量販店のチラシのチェックではないでしょうか。週末になると毎週のように近隣の家電量販店のチラシが、新聞に折り込まれていますよね。それを見てみると、だいたいの製品の値段の相場もわかります。もちろん、買うならば少しでも安く買いたいのが消費者心理ですが、安ければ良いというわけではありません。仮にとても安かったとしても、壊れやすいものでは意味がありません。すぐに買い替えや修理の必要が出てきては、出費が増えてしまいます。そこで対策として、家電量販店等の独自の、保証サービスに加入しておくといいでしょう。無料のものや有料のものなど、種類がいろいろありますが、長く使えそうなもの、高額だったもの、生活必需品などは、例え有料であっても、長期間の保証サービスに加入しておくことをおすすめします。

次に、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の家電リサイクル法対象商品は、買い替えの際に、別途リサイクル料金がかかります。これらは当然支払うべきものであり、リサイクル料を払いたくないからといって不法に処分してしまうなどもってほかですが、製品によっては思わぬ出費となります。では、どうすれば良いでしょうか。家電リサイクル法対象商品に限らず、買い替えの際には今使っている製品を下取りしてくれるサービスをやっている場合があります。よくあるのが、テレビやパソコンなどです。これらを利用すれば、処分料金がかからなかったり、購入価格からいくらかの値引きができたりしますので、壊れたからといって買い替えの前に以前使っていた製品を処分してしまわないようにしておきましょう。これらのポイントをしっかりおさえて、家電を選べば、きっと失敗することもないでしょう。家電は、生活をより豊かにしてくれるものです。10年近く使う、長いお付き合いになるものもあるでしょう。しっかり選んで、賢く使いたいですね。