おすすめ最新家電

アナログから地上デジタルへ

2011年7月24日をもって、宮城県、岩手県、福島県の3件を除き、テレビのアナログ放送が終了となり、テレビ放送は地上デジタル放送(略して地デジ)に完全移行となりました。テレビ本体も、地上デジタル放送に対応していない製品は、放送を見ることができなくなってしまうため、テレビの買い替えが相次いたことを受けて、家電メーカー各社は、より付加価値の高いテレビの開発に力を入れたのです。各メーカーから、それぞれのメーカーの強みを生かした商品が生まれ、地上デジタル対応テレビは飛ぶように売れたのです。

ニーズに合わせて選びたい最新テレビ

ひとくちに、地上デジタル対応テレビと言っても、その種類はさまざまです。まず、テレビの画面。液晶、プラズマ、有機ELなどの種類があります。次に、大きさ。寝室や子供部屋、一人暮らしの方のための小さなものから、ホームシアターができるような大きなものまで、大きさもさまざまです。

アナログ放送終了に伴い、各家庭に1台は、アナログ放送対応のみのテレビから、地上デジタル放送対応テレビへ買い替えが完了したのではないかと思うのですが、では、寝室のテレビ、子供部屋のテレビ等、2台目、3台目のテレビはどうでしょう。実はまだ、地デジ未対応、という方も多いのはないでしょうか。リビングのテレビには大きめの32V型、42V型が多く選ばれていますが、寝室、子供部屋のテレビには、24V型以下の、割と小さなテレビがおすすめです。小さめのものは、サイズが小さい分、価格もお安くなっており、余計な機能がついておらず、シンプルになっています。2台目以降のテレビの購入がまだの方は、今が買い時です。